すごい! 63歳で素足見せ!『プラダを着た悪魔』のスタイリスト、パトリシア・フィールド


一流ファッション誌の鬼編集長と新人アシスタントのバトルを描いた『プラダを着た悪魔』。米ヴォーグ誌の元編集アシスタント、ローレン・ワイズバーガーが自身の体験をもとに執筆したといわれる同名ベストセラー小説を映画化した本作は、ファッション誌業界の裏側が垣間見られるファッショナブル・ムービー! 劇中には、プラダはもちろん、シャネル、エルメス、ドルチェ&ガッバーナなど、憧れのブランドアイテムが続々登場するが、その衣装を手掛けた名スタイリスト、パトリシア・フィールドに話を聞いた。彼女は人気ドラマ『セックス・アンド・ザ・シティ』のスタイリングでも知られている。記者の前に現れた彼女は63歳という年齢をもろともしない、黒のショートパンツ、しかも素足!というスタイルだった。

Q:衣装の依頼が来た時は原作のことをご存知でしたか?

ええ、すでに読んでいたわ。この類の(ゴシップ要素のある)本はあまり読まないのだけれど、自分の知り合いがモデルになっているということで発売直後に読んだの。その頃は映画化が決まっているとは知らなかった。仕事を依頼された時は「原作をなぞるのではなく、映画ならではのものを作りたい」と監督に言われたの。映画を観た多くの人から「原作より映画の方がいいね」と言われたし、私自身もそう思うわ。小説を映画化する場合、大抵は「映画より原作の方がよかった」と言われるものなのにね。

シネマトゥデイ - 2006年11月16日